メッセージ

校長 鈴木 敏子

未来を形作る原点を、世界を想像できる「チカラ」を、 子どもたちの可能性を、育てる環境があります。 平成22年4月1日より、磐石な体制と生まれ変わった「ビジョナリースクール 翔凜中学校・高等学校」。 生徒一人ひとりの夢を大きく育て、真のグローバルな人として揺るぎない成長ができる環境の下、創立者の理念・志を継承しつつ、大きなビジョンに向かって一途に突き進んでまいりました。 翔凜学園は日本で数少ないグローバル教育の学校です。卒業後にはグローバルな人として日本はもちろん、世界に貢献できる人材になって欲しいという夢があります。世界の難関一流大学に合格・進学する。この夢を実現するために、生徒一人ひとりが自分の目標に向かって互いに切磋琢磨し、将来のビジョンをめざすという環境を作り上げています。 本校は今、大学合格実績や本校受験者数、入学者数において、向上、増加の一途を辿っております。 本校の特色には、英語教育やグローバル人材教育に力を入れている事、そして「ビジョナリースクール」であろうとする思いがございます。これはつまり、学校を、夢や目標を実現する人の集まりであると考える表現です。 その思いのもと、私は基本スローガンとして 1,明るく元気な挨拶の徹底、2,いじめ、陰口ゼロ、3,文武両道による学力の向上、部活動の活性化 を掲げております。 以上の実践により、本校の生徒は目標の実現に向けて情熱を持ち、誠実で前向きな人間へと成長しております。また、仲間や親、教師の情熱や愛情に育まれる環境で、結果として生徒は自分の目標とする進路(大学)を実現し、社会に貢献できる人材となっていきます。 校訓である「英知・精励・自律・協調・気品」の下、グローバル社会で活躍できる知識、技能を高め、また中高一貫教育の中において、早慶千数百名の合格実績を活かし、学業のレベルアップを図るとともに、継続性の高い教育による学業総合力を養います。さらにクラブ活動等を通して心身を鍛え、将来、幅広くグローバル社会で活躍できる確かな人材育成に努めています。学業のレベルアップ、グローバル教育、部活動の強化を視野に入れた三位一体のバランスの取れた教育をめざします。 私たちは、高い志と真摯に努力する気概ある生徒を求めています。共に充実した時間を過ごせるよう、皆さんをお待ちしています。