【翔凜中学校・高等学校】翔凜手作り工房「食育王選手権」に参加 さて結果は・・・

「翔凜手作り工房(家庭科部)」は「第15回高校生食育王選手権大会」の予選に参加しました。

90分の制限時間内に40問の「食」に関する問題を解きました。
「Q.天皇の料理番として大正・昭和期の宮中料理を担い、西洋料理の権威でもあったのが福井県出身の料理家・秋山徳蔵です。徳蔵は、郷土料理にも精通していましたが、彼の著書「味」の中で、昭和天皇に提供した郷土料理として、記載がないものはどれでしょう?次のうちから1つ選んでください」といった難易度の高い問題が多く、携帯電話で調べ学習をしながら行いました。手作り工房の部員は全員中国からの留学生なので、中国料理の問題にはすぐに答えることができました。

結果は予選敗退でしたが、予選参加校にはもれなく福井県産ブランド米「いちほまれ」がプレゼントされます。コロナ禍が収まり次第、お米を使った調理をする予定です。

次はミシンを使ったコンテストに参加する予定です。手作り工房のこれからの活動にご期待下さい。

大会の様子
いいね! 0
読み込み中...
入試説明会のお申込はコチラ↓↓↓