翔凜高校伝統の「公開ディベート」開催!!

令和4年11月15日(火)・16日(水)、高校3年生による伝統授業「グローバル理解」の公開ディベートを開催しました。多数の保護者、在校生が参観し、素晴らしいディベートが展開されました。本校ではグローバルな視野を持ち、世界に貢献できる人材を育てるために高校3年生でグローバル理解講座を履修しています。

「憲法第9条は改正すべきである。是か非か」という難しい命題において肯定側・否定側に分かれディベートを行いました。

参観された保護者の方からは以下のようなコメントをいただきました。

・若い人たちが憲法について真剣に考える良い機会になっている。生徒たちが真剣にディベートする姿はとても緊張感があり素晴らしかった。

・初めてディベート授業を見学させて頂きましたが、しっかり考え発言していて凄いなと圧倒されました。このような参観を考えて下さり有難うございました。

・一つのテーマで深く考え、理解し、意見を述べるのは今後の社会生活で大切なこと。こういう学びが子供たちの成長につながり、よりグローバルな人間になってほしいと望みます。

・よく調べて発表しており、本当に素晴らしいと思いました。

ディベートを通して身に付けた、ディベート力や論理的思考力を今後の生活に生かしていきます。

いいね! 1
読み込み中...
出願はコチラから↓↓↓